基本動作特化型リハビリデイサービス Action+ は、千葉県船橋市芝山で運営しています。

お問い合わせ
開設者の想い 開設者の想い

当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
Action+ 代表取締役・理学療法士の松浦哲也です。

東京都内の病院勤務、デイサービスの店舗統括を経て、
念願の「基本動作特化型リハビリデイサービスAction+(アクションプラス)」を開設する運びとなりました。

「寝返る」「起き上がる」「立ち上がる」「歩く」

基本動作に特化したリハビリ専門のデイサービスを開院した理由、
それは、病院勤務時代の経験がきっかけとなります。

当時、身体の自由がきかない事が原因で落ち込んでいた患者様がいました。
少しずつ運動ができるようサポートし、徐々に基本動作ができるようになっていきました。

その時、ある変化が起きました。

それは、基本動作ができるようになった事で精神的にも前向きになられ、
とても明るく接していただけるようになったのです。

私の専門は、身体の基礎能力を身に付ける事、つまり、基本動作になります。

基本動作を通じて出来る事が1つ2つと増えると、
精神的にも向上していく事に気付きました。

「動作から人が変わる」

この経験から、病気や症状のデータばかりを診るのでは無く、
「患者様=人を診る」という事が医療介護の本質だと改めて実感したのです。

病院で基本動作ができるようになり、ご自宅へ帰っていく方を何度も見送ってきましたが、
その一方で、ご自宅の環境が問題で退院できず、施設に入所する方もいます。

この様な現状に疑問を抱き、ご自宅の環境や状況を知らずして
本当の意味でリハビリ(人を診る)とは言えないのではないか?と感じました。

本当の意味で「人を診る」という事は、
患者様の生活を踏まえた上でトータル的な関りが必要です。

患者様に対する関わり方には様々な形があって良いと思いますが、
その中で私は、病院よりも患者様の生活に近い「地域」で関わりたい。

この強い想いから、
Action(基本動作) +プラス(未来を作る) を開設しました。

基本動作ができるようになる事は、
運動不足が解消され、ぐっすり睡眠できるなど、
身体的に健康な毎日を過ごせるようになるばかりではありません。

  • 「元気な孫の子守りも大変だったけれど、たくさん孫に会えるようになった」
  • 「近所への買い物さえ辛かったけれど、友人とショッピングに出かけるようになった」
  • 「気を遣って断っていた家族旅行にも、気兼ねなく行けるようになった」

このように身体面だけでなく精神的にも満たされ豊かな未来が見えてきます。

基本動作(Action-アクション)ができるようになり、
その先に見えるもっと豊かな未来(+-プラス)を手にして欲しい。

これが、Action+という施設名の由来です。

リハビリの専門家である理学療法士のスタッフが、
親切・丁寧にサポートさせていただきますので
基本動作を獲得した先に見えるもっと豊かな未来を一緒に作りましょう!!

お問い合わせ